カロリーを抑える事が大切|毎日の食事で糖尿病患者はどんなポイントに注意すべきか

毎日の食事で糖尿病患者はどんなポイントに注意すべきか

カロリーを抑える事が大切

ご飯

激しい痛み

痛風は関節などに溜まって結晶化した尿酸が炎症を引き起こす病気です。激しい痛みを伴うのが特徴です。尿酸が溜まるのは尿酸の元となるプリン体を含んだ食事を摂り過ぎたためです。通常は余分な尿酸は尿と共に排出されますが、摂り過ぎると排出が間に合わなくなり体に蓄積して痛風を引き起こします。薬を飲めば痛みは改善しますが、痛風を治すには食事に気をつける必要があります。お酒や干物などプリン体が多く含まれているものは避け、尿酸を排出してくれる食物繊維を多く摂るようにします。特にアルカリ性の食品は尿酸値を下げる働きが強いので、海藻や野菜、芋類などを積極的に摂るようにすると良いでしょう。また水を沢山飲むと尿と一緒に尿酸も排出できます。

生活習慣病のリスク

肥満の人や高血圧、高脂血症の人は痛風になりやすいので注意が必要です。また痛風になると腎臓に負担がかかったり、動脈硬化が進行する場合があります。痛風は30〜40代で発症することが多いのですが、食事を改善しないと将来的に生活習慣病になるリスクが高まります。痛風の人に勧められるのが糖尿病の人用の糖尿病食です。痛風になるとまずプリン体の含まれているものを食べないことが大切と思う人が多いのですが、最近の研究でカロリーを抑えることが大切なことがわかってきました。糖尿病食はカロリーや塩分が低く抑えられている他、野菜が多く含まれているため食物繊維も多く摂れます。痛風改善の為の食事として大変向いています。また味も良いため毎日食べていても飽きずにすみます。通販などで必要量だけ購入できるので、カロリーを抑えたい時にだけ利用することもできます。